«

7月 09

母さんと娘

うちの愛犬は2匹います。どっちも女の子でお母さんと娘の関係です。柴犬で年は、お母さんが11歳、娘が10歳になります。名前をさくらとあきといいます。でも性格が全然違います。お母さんのさくらは気が強くて、1歳しか違わないのにすっかりおばあちゃんって感じで、あんまり機敏な動きをしませんが、あきはすごく怖がりで、小心者でいつまでも子供みたいにじゃれてきます。今日はそんなあきが生まれたときの話をしたいと思います。私たちは、さくらが妊娠していることに気づきませんでした。ブリーダーさんにお願いして、妊娠させてもらったのですが、できていないと言われていたのです。11月のことでした。いつものように散歩に行こうと小屋にいくと、さくらの様子がおかしかったのです。よく見ると子犬が1匹いたんです。驚いた私はすぐに母を呼びました。そうすると、母のが慌ててしまって、私がすぐにブリーダーさんに連絡をしました。しかし、ブリーダーさんを呼んだものの私たちは何もすることができなくて、さくらを励ましました。何もしなくてもさくらは生まれてきた子犬たちを1匹ずつ取り上げ綺麗にしてあげていたんです。まもなくブリーダーさんが到着して、あとの処置をしてくれました。子犬とさくらたちをおうちの中にいれてあげると、さくらは疲れ切った様子でしたが、子犬たちは元気におっぱいを吸っていました。家族が一気に増えて家の中がとても賑やかになりました。3匹は男の子。1匹は女の子でした。それから、子犬たちとの生活が始まりました。子犬は可愛くて仕方ありませんでしたが、いずれ別れが来ることがわかっていました。中でも女の子のあきは、ショップの買取りが決まっていたんです。しかし、女の子だったからなのか、最初に生まれたのがあきでその時から弱っていたのか、他の子に負けておっぱいを飲めず、どんどん衰弱していきました。それを見かねて、人口的にミルクをあげ、母が仕事場に連れていき四六時中面倒をみました。
本当に、虫の息でした。その時私は幼いながらに、命を失ってしまうかもしれないという悲しみとつらさ、命の尊さを感じました。だけど、あきは頑張って生きました。そのおかげで元気になり、今を一緒に生きています。大事な家族です。そして、わたしにも家族ができました。子供が生まれた時に、あきが生まれた時のことを思い出しました。いつまでもあきに長生きしてほしいです。そして、わが子があきのように頑張って生きてくれること、大きくなってあきと一緒に遊んでくれることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>